User-agent: Mediapartners-Google* Disallow: 大気汚染:エコ 温暖化防止 エネルギー

大気汚染

北京の大気汚染 北京の大気汚染

北京の大気汚染は深刻のようだが、屋外でのスポーツ競技では健

康にかなり影響がでるのではないだろうか?  マラソンで世界記録

保持者の選手が、出場を辞退したものうなずけるな!  健康を害

してからでは遅いだろう!

北京大気汚染「容認レベル」、屋外で1時間以上は?…IOC

 国際オリンピック委員会(IOC)のアルン・ルンクビスト医事委員長

(IOC委員)は17日、電話による記者会見に臨み、同医事委の分析

の結果、北京の大気汚染度は五輪競技実施に「容認できるレベル」

だと語った。

しかし、マラソンなど1時間以上続く屋外競技については健康リスク

も残るとし、五輪期間中も連日汚染度をモニター、状況によっては

競技の延期や中止も検討するとしている。


 リスクの残る競技としては、マラソンのほか、自転車(ロード)、マ

ウンテンバイク、競泳のオープンウオーターなどを挙げ、世界保健

機関の基準を参考に、気温や湿気なども勘案しながら、IOCと国際

競技連盟の合議で決める。過去の五輪で、大気汚染のため競技が

延期された例はない。


 医事委員長はまた、毒入りギョーザ事件などで懸念が出ている食

の問題について、「北京当局は潜在的な問題があり得ることを認識

しており、食素材の質の管理には非常に厳しい基準を用いている」

と語り、選手村や五輪関連施設で出される食事については、不安は

ないとの見方を示した。
引用元=http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2008/news/topic/sports/news/20080317-OYT1T00512.htm


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。