User-agent: Mediapartners-Google* Disallow: 異常気象:エコ 温暖化防止 エネルギー

異常気象

世界各地での異常気象


世界各地での異常気象が止まらない。  やはり一番の問題は車の

排気ガスなんだろうな。車をガソリンから二酸化炭素のでない燃料

に変えれば、かなり改善されるとは思うのだが、国の思惑もあって、

人類の欲望がそれをこばんでいるようだ。  アホな人類だな!

世界各地で異常気象が頻発するなど、地球温暖化が心配される昨

今。東京では近い将来、「熱帯夜」が激増する!という衝撃の予測

も出ています。

今夏のヨーロッパには、異常気象の嵐が吹き荒れ、深刻な被害が

続発! イギリス南部では、7月20日から降り続いた豪雨で60年ぶ

りの大洪水が発生し、約35万人が水の供給を受けられない事態に

陥りました。一方、ルーマニアでは、気温が44度と過去最高を記録

する中1.9万人が病院へ搬送され、ギリシアなどでも、冷房の使い

過ぎが原因とみられる停電が広がっています。こうした異常高温で

思い出すのが、2003年ヨーロッパを襲った「熱波」。フランスでは当

時、1万人を超える死者が発生しましたが、あの悪夢がまた蘇る?

人間活動が生み出す気温上昇に、「ヒートアイランド現象」がありま

す。ヒートアイランド現象とは、ある地域の気温が周辺地域と比べ高

くなる温暖化で、都会に見られるのが特徴です。オフィスビルや住

居が密集する都会は、自動車などの交通量も膨大な上、夏の声を

聞けばエアコンがフル稼働! その排熱が気温上昇に拍車をかけ

るのに加え、緑が少ないため気温も下がりにくくなります。

そろそろ私たちも本気の「エコ宣言」! 節電を心がける、クールビ

ズに取組むなど、一人一人がこまめな努力を確実に実践していく覚

悟が必要です。
引用元=http://allabout.co.jp/career/jijiabc/closeup/CU20070731A/index3.htm

異常気象

中南米の大干ばつ


  中南米の大異変!  チリでは大干ばつで8ヶ月間も雨がふって

ない。  これは大変な影響がでてきているぞ。  大干ばつで穀物

だ全滅、市民生活も水不足で、環境問題も深刻だぞ。

 中南米がなにか変だ。外電で伝えられる災害報道が最近、特に目立って

多いのです。その自然災害は豪雨、干ばつ、地震、火山噴火などさまざ

まですが、“忘れたころにやって来る”のではなく、災害の傷痕がまだ

まだ生々しいうちに次から次へと襲って来るという感じです。


 
最近の災害ニュースを幾つか拾い上げて見ますと、メキシコでは10

月に入って西部・中部や南部諸州を襲った熱帯性低気圧による豪雨被害

で500人を超える犠牲者と約50万人の被災者を出す大災害が起きま

した。また9月末には、1985年9月のメキシコ大地震(死者約43

00人)の悪夢を住民に思い起こさせるような強い地震(マグニチュー

ド7.4)が太平洋岸の南部オアハカ州で起きて少なくとも32人が死

亡(被災者は約25万人)しましたが、地震は、首都メキシコ市などで

も頻発している状況です。


 
ペルーでも、被害は少なかったものの首都リマ市で地震が発生した

り、隣国のエクアドルでは、首都キトを裾野に置くグァグァ・ピチンチ

ャ火山が噴火活動(10月)を起こし、その噴煙と火山灰がキト市を覆

い、その影響で死者も出ました。また、ブラジルではアマゾン地帯など

全国土の半分以上を占める15州で干ばつの影響による山火事が多発

し、環境省は焼き畑農業を60日間禁止するという措置(9月)を出し

て山火事の防火に懸命になっています。また、ボリビアとパラグアイの

国境に広がる森林地帯のチャコ地方では環境破壊と干ばつとによる砂漠

化を危惧する報告が出されています。
引用元=http://www.chunambei.co.jp/latin-now/1199.html

異常気象

温暖化対策を急ごう!


温暖化対策を急ごう!  はやく手をうたないと、北極や南極の氷が

どんどんとけて、土地がどんどん侵食されて、ツバルは後何年もつ

のだろうか?  地上の楽園もまもなくこの世から消えてしまうだろ

う!

人類の愚かさが生み出した結果だから、しかたないのかもな!

日本でも多少、騒がれてはいるものの、ヨーロッパに比べれば全く

対策を行っていない事、それはCO2削減。要するには地球温暖化

への対策です。石油、石炭の燃焼によって多く排出される二酸化炭

素(CO2)ですが、本来であれば草木が酸素を作り出すためや、地

球の熱を宇宙に逃がさないために必要な気体ですが、その地球か

ら熱を逃がさない効果があだとなり、200年間で大気中の二酸化

炭素濃度が25%も増えた結果、地球全体が温室に入っているよう

な状態を作り出しています。このような効果を持つのは、二酸化炭

素やフロンといった気体で、これらのことを温室効果ガスといいま

す。

温室の中で自ら熱を放つろうそくなどを置いておいては、熱が逃げ

られないために時間が経つがつれに気温が上がっていきます。加

えて、太陽の熱もあるので更に気温は上がります。そんな温室のろ

うそくに地球はなりつつあるのです。それを確実に現しているが、日

本全体でおきている猛暑や暖冬などの異常気象なのです。また、特

にこの異常気象が起きているのは、国の中心となっている都市で

す。国の中心となる都市は、巨大なビルや家々が密集して存在し、

人が乗る車も大量に走っているために、自ずとその地域の二酸化

炭素量が増えます。その結果、二酸化炭素の濃度が濃くなり、温室

効果が高まって都市だけの気温があがるということ実際に起こって

います。これは日本も例外ではなく、東京や大阪といった都市部の

気温は上昇しています。

気温が1度違うと、距離が100km違います。もし、気温が1度上が

ったとしたら、緯度が100km下がったのと一緒なのです。ですか

ら、東京は100年で5度気温が上がっています。なので、今の東京

の温度は100年前の鹿児島の南端と同じ気温なのです。人間にと

っての気温の1度や2度程度、上がったり下がったりしても大して生

活などに困りもしません大変でもありません。しかし、植物やその他

の生物にとって、1度の違いというのはとても重要なものなのです。

考えて見ましょう、あなたの住んでいる地域から100kmほど離れ

ても気候が全く同じだと思いますか?また、気温が上がれば今まで

は生息していなかった生物が現れるだけでなく、病原菌も同時に現

れるといえます。気温の変化がもし山に及んだ場合には、1度違え

ば高度は100mも違います。つまりは、2000mで育っていた高山

植物が、気温が3度上がってしまった場合に、2300mもの高度が

あるところでないと育たないということです。これは完全に、地域の

生態系が変わってしまいますね。
引用元=http://www.gwarming.com/link/weather.html

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。