User-agent: Mediapartners-Google* Disallow: 競馬:エコ 温暖化防止 エネルギー

競馬

キングカメハメハの再来だ!


キングカメハメハの再来だ! 先週はサダムイダテン

  が惨敗しているだけに、頑張れブラックシェル!

きさらぎ賞(G3、芝1800メートル、17日=京都)の最終追い切り

が14日、東西トレセンで行われた。松田国英師(57)が「キングカメ

ハメハの再来」と絶賛するブラックシェル(牡3)は栗東の坂路で併

せ馬を行い、4ハロン54秒5−12秒5をマークして併入。ひと追い

ごとに良化し、重賞初制覇へ向け万全の仕上がりをアピールした。

 この時期の3歳馬の成長は早い。ハード調教で有名な松田国厩舎

の馬ならなおさらで、短期間のうちに筋肉のつき方から変わってく

る。「先々週、先週と体はできていなかったが、今週は大きく見せる

し、張りが出て重心が低くなった。それに先々週、(武)ユタカくんが

乗った後は体を痛がっていたが、先週からそんなそぶりもなくなっ

た」。松田国師は追い切りを終えたブラックシェルに視線を送ると、

ほどなく満足そうな笑みを見せた。

 最終リハは坂路で、調教駆けするモンテクリスエス(3歳未勝利)と

併せ馬。シェルが攻めでは動かないこともあり、常にモンテが主導

権を取ったが、シェルもよく食い下がって併入。時計は馬なりで4ハ

ロン54秒5−12秒5だった。松田国師は「モンテが相手だと以前は

遊ばれたが、しっかりついていけるようになった」と、追うごとに良く

なる愛馬の動きに目を細めた。
引用元=http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080215-00000004-nks-horse

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。